▲鉛筆やお箸を握る力の向上を▲



▲鉛筆やお箸を握る力の向上を▲


放課後等デイサービスのお友達や

児童発達支援のお友達(年長)さんに鉛筆を使う

トレーニングを行ってもらうと、親指と中指で鉛筆を握る

お子さんが多数見受けられます。


「指が疲れる。手が痛い」とお子さんから伝えられることもあります。


鉛筆を握るには親指+人差し指+中指のバランス感覚が重要です。

多くのお子さんが、人差し指を使わないで鉛筆を握っています。


鉛筆だけなのかなぁと思って洗濯ばさみやビーズをつまんでもらうと

親指と中指を使って取り組んでいます。


もしかして、人差し指を使わない癖が身についてるのかもしれません。

なので、今現状、中指を使うお子さんには、親指と人差し指を使ってねと

声掛けを行っています。


まだこれから鉛筆やお箸の練習を行う児童発達支援のお友達には

親指と人差し指を使う癖を今のうちから身に付けていきます!


文字を書く事に苦手さを感じてしまうと

小学校に通うようになってから、学習に苦手さを感じてしまうようになります!


そうならないように、またそうなってしまっているお子さんのために

日々見立てを立てて支援を行っていきます!


📢見学・体験募集のお知らせ🙋

ファーストクラス住之江校では、見学・体験をいつでも受け付け中!


(保育士募集中😆)

詳しくは、お気軽にお問い合わせください🙋

営業時間:10:00〜18:00(日祝を除く)

電話番号:06-6105-1636

メール:firstclass.suminoe@gmail.com

閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示